初心者の法人税

MENU

個別の別表に、別表四、別表五(一)、別表五(二)

法人税申告書のつくり方は、別表五(二)、別表五(一)、別表四と、つながりのある個別別表をまず先に作成します。最初の別表五(二)、別表五(一)、別表四の順に税額計算前まで作成して、別表一(一)、第六号様式、第二十号様式の順に税額を計算し、確定した税額を別表五(二)、別表五(一)、別表四へ記入して申告書の完成です。

 

.法人税申告書記載の手引き(国税庁)

 

1.個別の別表

 

´猜棉熟(一)瓠ー取利息、受取配当の源泉所得税を別表四、別表五(二)へ記入

 

↓猜棉夙(一)瓠ー取配当等の益金不算入額を別表四へ記入

 

猜棉十衆(一)(一の二)瓠〃入限度超過額を別表四へ記入、貸倒引当金を別表五(一)へ記入

 

き猜冥集洵瓠‖散睇垰仔額を別表四へ記入

 

キ猜棉十熟(一)(二)瓠―却限度超過額を別表四、別表五(一)へ記入

 

2.別表五(二)

 

「租税公課」の納付状況と「納税充当金」の繰入額及び取崩し額を記入します。

 

´猖/諭⊇嗣院∋業税瓠〜梓分、当期分中間分、当期分確定税額を「当期中の納付税」へ納付税額の会計処理方法に応じて記入

 

↓爐修梁将瓠‖傘弖彁蚕颪料点埜課を損金算入不算入に分けて記入

 

犂首納税充当金瓠‖濕畋仂班修隆首の「未払法人税等」と一致

 

き狢散盞侏をした納税充当金瓠ヽ猟蠅靴針/誉燃曄∧棉住諭崑散盞侏をした納税充当金」を記入

 

キ犹業税瓠‥期納付した事業税額、別表四「納税充当金から支出した事業税等の金額」を記入

 

Ν犂末納税充当金瓠‥期貸借対照表の期末の「未払法人税等」と一致

 

3.別表五(一)

 

貸借対照表の「純資産の部」、別表四の留保項目を記入します。

 

´犇菠の利益準備金瓠B/S又は株主資本等変動計算書の「利益準備金」を記入

 

↓犇菠その他項目瓠(棉住佑領永盜猝棆短察減算を記入

 

犇菠の繰越損益金瓠B/S又は株主資本等変動計算書の「繰越損益金」の前期末と当期末を記入

 

き犇菠の納税充当金瓠B/Sの未払法人税等の前期末と当期末を記入

 

キ犇菠の未納法人税等「期首現在利益積立金」瓠〜梓確定税額を記入

 

Ν犇菠の未納法人税等「減」瓠〜梓確定税額と当期中間分を記入

 

Л犇菠の未納法人税等「増」瓠‥期中間分と当期確定税額を記入

 

┃犇菠の未納法人税等「差引翌期首現在利益積立金」瓠‥期末未納税額を記入

 

犂首現在利益積立金額瓠〜梓の別表五(一)の繰越額を記入

 

狹期の増減の減瓠(棉住佑慮沙士永盜猝棔¬で舎/誉播を記入 

 

狹期の増減の増瓠(棉修了猷短士永盜猝棔還付税額、未納法人税等の引当額、当期の利益剰余金の変動額を記入

 

4.別表四

 

完成前(仮)の損益計算書の「当期純利益」をもとにして、加算又は減算による申告調整を記入して課税所得を計算します。

 

´狒躋柩鶚瓠_歙能蠧世魴彁

 

↓猯永殕鶚瓠‥期利益と社外に現金等が流失しない申告調整項目を記入、翌期以降も所得計算に影響のある項目を記入

 

犲匈偉失欄瓠ー匈阿妨酋眦の流失により純資産を減少させる項目を記入、当期だけで課税関係の終了する項目を記入、また「配当」と「その他」に区分されます。配当欄には、当期中に実際に支払った配当金額を記入、また※印は、社外に現金等の流失はないが「留保」項目ではないので印をつけることで「社外流失」に記入する項目(別表四の留保欄に斜線のある項目は社外流失です。)

 

○解説書

 

STEP式 法人税申告書と決算書の作成手順

 


記事はここまでです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加