MENU

棚卸資産の内訳書記載の仕方。期末在庫の数量確定に実地棚卸をおこないます。

棚卸資産(商品又は製品、半製品、仕掛品、原材料、貯蔵品)の内訳

(注) 1. 期末棚卸の方法を次の欄に記入してください。

 

A ○実地棚卸 棚卸を行った時期平成20年 3月31日

 

2. 「科目」欄には、商品又は製品、半製品、仕掛品(半成工事を含みます。)、原材料、貯蔵品、作業くず、副産物等のように記入してください。

 

3. 「品目」欄には、例えば「紳士用皮靴」のように記入し、それ以上細分して記入しなくても差し支えありません。

 

4. 評価換えを行った場合には、「摘要」欄に「評価損○○○円」のようにその評価増減額を記入してください。

 

科目 品目 数量 単価 期末現在高
商品 木箱 2,000,000
 
仕掛工事 Aアパート工事 5,000,000

貯蔵品 消耗品 250,000
7,250,000

 

貸借対照表の商品、仕掛工事、貯蔵品に一致

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加