MENU

1.別表一(一)法人税、地方法人税、次葉記入のしかた

別表一(一)記入のしかた。別表一(一)は、別表四「所得金額又は欠損金額」を基礎に計算します。その別表四は、別表五(一)、別表五(二)と密接につながりますから、別表一(一)確定税額計算前に作成します。作成には普通法人税ソフトを活用しますが、この場合、確定税額計算前までの別表四の完成とともに、ソフトにもよりますがおよそ完成してます。別表に手書きするときは、記入すべき表記がありますから、項番のとおり記入すると完成します。

 

1.法人税

 

´燹崕蠧清盂柬瑤老臑散盂1」瓠(棉住諭崕蠧清盂柬瑤老臑散盂48」の金額を記入

 

↓燹嵋/誉燃2」瓠(棉衆(一)次葉で計算した54又は55の金額を記入

 

燹嵋/誉燃曚瞭段鵡欺額3」瓠(棉熟(十)など特別控除額を記入

 

き燹嶌弘法人税額4」瓠2-3の金額を記入

 

キ燹峅歙芭永欟盂8」瓠(棉住(一)40の金額を記入

 

Ν燹崙云紊紡个垢訐燃9」瓠(棉住(一)48の金額を記入

 

Л燹嵋/誉燃朷10」瓠4+5+7+9の金額を記入

 

┃燹崕蠧誓任粒16」瓠(棉熟(一)の6のの金額を記入

 

燹峽18」瓠16+17の金額を記入

 

燹峭欺税額12」瓠10-11と18のうち少ない金額を記入

 

燹峭欺した金額19」瓠々欺した金額「控除税額12」の金額を記入

 

燹嶌弘所得に対する法人税額13」瓠10-11-12の金額を記入

 

燹崔羇嵜醜霾の法人税額14」瓠|羇崘蕊佞靴針/誉燃枴の金額を記入

 

燹嶌弘確定法人税額15」瓠13-14の金額を記入して確定

 

2.地方法人税

 

´燹崕蠧世龍盂曚紡个垢詼/誉燃32」瓠4+5+7+10の外書の金額を記入し、1,000円未満切り捨て別表一(一)次葉56に記入

 

↓燹峅歙芭永欟盂曚紡个垢詼/誉燃33」瓠9の金額を記入し、1,000円未満切り捨て別表一(一)次葉57に記入

 

燹峅歙芭永欟盂曄峅歙派現猖/誉燃34」瓠32+33の金額を記入

 

き燹崔亙法人税額35」瓠(棉衆(一)次葉で計算した58の金額を記入

 

キ燹峅歙芭永欟盂曚坊犬訝亙法人税額36」瓠(棉衆(一)次葉で計算した59の金額を記入

 

Ν燹崕蠧醒亙法人税額37」瓠35+36の金額を記入

 

Л燹嶌弘地方法人税額40」瓠37-38-39の金額を記入

 

┃燹崔羇嵜醜霾の地方法人税額41」瓠|羇崘蕊佞靴臣亙法人税額分の金額を記入

 

燹嶌弘確定地方法人税額42」40-41の金額を記入確定

 

 

3.次葉

 

´燹(1)の金額又は800万円×12/12相当額のうち少ない金額48」瓠(棉衆(一)の(1)の金額と800万円×12/12のうち少ない金額を記入

 

↓燹(1)のうち年800万円相当額を超える金額49」瓠1-48の金額を記入

 

燹崕蠧清盂(1)50」瓠48+49の金額を記入

 

き燹(48)の15%相当額52」瓠48×15%の金額を記入

 

キ燹(49)の23.4%相当額53」瓠49×23.4%の金額を記入

 

Ν燹嵋/誉燃54」瓠52+53+の金額を記入して別表一(一)「法人税額2」へ記入して税額の計算をはじめます。

2.別表一(一)記入

別表一(一) 自平成29年4月1日至30年3月31日 .
別表一(一) 次葉

 

1.この申告書による法人税額の計算)

 

別表1-1法人税額の計算欄

 

所得金額又は欠損金額 (1) 別表4の(48)総額,龍盂47,077,490(円単位)
法人税額 (2) 次葉(54)又は(55)の金額10,344,018
法人税額の特別控除額 (3) 別表六(12)「法人税額の特別控除額(22)」を記入
差引法人税額計 (4) (2)−(3)の金額10,344,018
法人税額計 (10) (4)+(5)+(7)+(9)の金額10,344,018
控除税額 (12) ((10)−(11))と(18)のうち少ない金額)251,445
差引所得に対する法人税額 (13) (10)−(11)−(12)の金額10,092,500
中間申告分の法人税額 (14) 別表5-2法人税(3)の△里Δ阻/誉燃枴の金額2,419,000
差引確定法人税額 (15) (13)−(14)の金額7,673,500(この金額が納付すべき法人税額)
所得税の額 (16) 別表6-1の6のの金額251,445
(18) (16)+(17)の金額251,445 ((10)−(11))と(18を比較して少ない金額を(12)に転記
控除した金額 (19) (12)の金額251,445

 

2.この申告書による地方法人税額の計算

別表1-1この申告書による地方法人税額の計算欄

 

所得の金額に対する法人税額(基準法人税額) (32) (4)+(5)+(7)+(10の外書)の金額10,344,018
課税標準法人税額 (34) (32)+(33)の金額10,344,000
地方法人税額 (35) 次葉(58)の金額455,136
所得地方法人税額 (37) (35)+(36)の金額455,136
差引地方法人税額 (40) (37)-(38)-(39)の金額455,100
中間申告分の地方法人税額 (41) 別表5-2法人税(3)の△里Δ礎亙法人税額分の金額154,000
差引確定地方法人税額 (42) (40)-(41)の金額301,000

 

3.次葉

 

別表一(一)次葉

 

1.法人税額の計算(中小法人の軽減税率の対象)
(1)の金額又は800万円×12/12相当額のうち少ない金額 (48)

狃蠧清盂柬瑤老臑散盂(1)瓩龍盂曚800万円以下のときは(1)のその金額を千円未満切捨記入

 

狃蠧清盂柬瑤老臑散盂(1)瓩龍盂曚800万円を超えるときは8,000,000と記入

(1)のうち年800万円相当額を超える金額(1)-(48) (49) 狃蠧清盂柬瑤老臑散盂(1)瓩年800万を超えるときは、(1)-(48)の金額を千円未満切捨てて39,077,000と記入
所得金額(48)+(49) (50) (48)+(49)の金額47,077,000を記入
所得金額(1) (51) 軽減税率の対象とならない法人は、所得金額(1)の金額を千円未満端数切捨てて記入
(48)の15%相当額 (52) (48)×15%の金額1,200,000を記入
(49)の25.5%又は23.4%相当額 (53) (49)×23.4%の金額9,144,018を記入
法人税額(52)+(53) (54) (52)+(53)の金額10,343,316の金額を記入
法人税額((51)の25.5%又は23.9%相当額 (55) 軽減税率の対象とならない法人は、(51)×23.4%の金額を記入し(2)に転記

 

2.地方法人税額の計算
所得の計算に対する法人税額(32) (56) 別表一(一)の(32)の金額10,344,000(千円未満切捨て)
(56)の4.4%相当額 (58) (56)の4.4%の金額455,136

 

 

 

記事はここまでです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加