会計ソフトの税抜経理(内税)を、月次一括税抜経理方式で行う方法

MENU

消費税の税抜経理方式

会計ソフトで消費税の税抜経理を月次一括税抜経理で行う方法。一般の会計ソフトの税抜経理方式は「仕訳時税抜経理」です。雛型の「総勘定元帳」の税抜経理が「月次一括税抜経理」のとき、決算可能とするには、会計ソフトの税抜経理方式も同じ月次一括税抜経理に変えます。その理由は、初心者が何も知らないまま始める決算は、雛型の総勘定元帳に習い、そっくり同じものを作成して確信を持てるからです。

 

消費税の税抜経理に次の3通りの方式があります。

 

(1)仕訳時税抜経理 (発生する取引の都度、税抜で仕訳します。)

 

(2)月次一括税抜経理 (取引時は税込で仕訳して月末に消費税分を、仮受消費税、仮払消費税に振替仕訳を行います。)

 

(3)期末に一括税抜経理 (取引時は税込みで仕訳して期末に消費税分を、仮受消費税、仮払消費税に振替仕訳を行います。)

仕訳時税抜経理と月次一括税抜経理を比較

現金科目と事務用品費科目との例

 

1.仕訳時税抜経理

 

仝酋皺別楔議

 

現金科目は支出収入とも取引金額そのもの税込で表示します。

 

日 付 相手勘定科目 適 用 収入金額 支出金額 残 高
4.1 事務用品費 筆記用具   1,080 1,080
4.2 事務用品費 コピー用紙   2,160 3,240
4.3 事務用品費 筆記用具   3,240 6,480
    4月合計 0 6,480  

 

∋務用品費科目元帳

 

現金科目から振替えられた金額は消費税分を差引いた税抜で表示します。その結果、確認作業が起きたとき税込と税抜の違いから、確認作業に手間取るという不具合が生じます。

 

日 付 相手勘定科目 適 用 借 方 貸 方 残 高
4.1 現金 筆記用具 1,000   1,000
4.2 現金 コピー用紙 2,000   3,000
4.3 現金 筆記用具 3,000   6,000
    4月合計 6,000 0  

 

2省Ь暖饑播科目元帳

 

事務用品費科目から振替えられた仮払消費税額は取引の都度1件ごとに表示します。現在3件ですが、100件あれば100件を1件ごとに表示します。

 

日 付 相手勘定科目 適 用 借 方 貸 方 残 高
4.1 事務用品費 筆記用具 80   80
4.2 事務用品費 コピー用紙 160   240
4.3 事務用品費 筆記用具 240   480
    4月合計 480 0  

 

2.月次一括税抜経理

 

仝酋皺別楔議

現金科目は支出収入とも取引金額そのもの税込で表示します。これは、仕訳時税抜経理と同じです。

 

日 付 相手勘定科目 適 用 収入金額 支出金額 残 高
4.1 事務用品費 筆記用具   1,080 1,080
4.2 事務用品費 コピー用紙   2,160 3,240
4.3 事務用品費 筆記用具   3,240 6,480
    4月合計 0 6,480  

 

∋務用品費科目元帳

 

現金科目から振替えられた金額は消費税分を含めて税込で表示します。消費税額は月末に一括して仮払消費税等科目へ振替えます。

 

その結果、現金科目と同額になり確認作業に手間取るという不具合は生じません。

 

日 付 相手勘定科目 適 用 借 方 貸 方 残 高
4.1 現金 筆記用具 1,080   1,080
4.2 現金 コピー用紙 2,160   3,240
4.3 事務用品費 筆記用具 3,240   6,480
4.30 仮払消費税 消費税額振替一律税率8%   480 6,000
    4月合計 6,480 480  

 

2省Ь暖饑撚別楔議

 

事務用品費科目から振替えられた仮払消費税額は1か月ごとの集計で表示します。

 

日 付 相手勘定科目 適 用 借 方 貸 方 残 高
4.30 事務用品費 消費税額振替一律税率8% 480   480
    4月合計 480 0  

月次一括税抜経理を会計ソフトで行う

1.仮払消費税等元帳の場合

 

通信費科目の例

 

仝酋癲⇒其皺別椶ら通信費科目へ振替

 

取引金額は税込そのままの金額です。

 

現金科目
現金科目

 

普通預金科目
普通預金科目

 

通信費科目へ振替

 

現金、預金科目から振替えられた金額は税抜になります。「税区分」で内税を表示、「借方金額」を税抜で表示しています。

 

通信費科目
現金、預金科目から振替えられた税抜金額は、「税区分」で内税を表示、「借方金額」を税抜で表示

 

2省Ь暖饑播科目を入力

 

消費税額を集計して仮払消費税等科目へ振替えるため、「相手科目」へ仮払消費税等を選択して、「適用」消費税額振替一律税率8%を入力して、「税区分」の内税を別記にします。

 

通信費科目
「相手科目」へ仮払消費税等を選択して、「適用」消費税額振替一律税率8%を入力して、「税区分」の内税を別記にします

 

ぞ暖饑燃曚鮗蠧阿之彁

 

「借方金額」2,780をクリックすると、下に消費税額を()書きで表示します。表示した消費税額を順に電卓で集計します。

 

通信費科目
「借方金額」2,780をクリックすると、下に消費税額を()書きで表示します。表示した消費税額を順に電卓で集計

 

ソ厳廚靴疹暖饑燃曚鯑力

 

集計した消費税額8,233を「貸方」へ入力します。

 

通信費科目
集計した消費税額8,233を「貸方」へ入力

 

ζ眄任鯤無に変える

 

「税区分」の内税をクリックして別記に変更します。別記にすると「借方金額」は税込になります。

 

通信費科目
「税区分」の内税をクリックして別記に変更します。別記にすると「借方金額」は税込になります

 

2.仮受消費税等の場合(仮払消費税と同じです。)

 

売上高科目の例

 

”當麺其皺別椶ら売上高科目へ振替

 

取引金額は税込そのままの金額です。

 

普通預金科目
普通預金科目

 

普通預金科目から振替

 

普通預金科目から振替えられた金額は税抜になります。「税区分」で内税を表示、「貸方金額」を税抜で表示しています。

 

売上高科目
金科目から振替えられた税抜金額は、「税区分」で内税を表示、「貸方金額」を税抜で表示しています

 

2昭消費税等科目を入力

 

消費税額を集計して仮受消費税等科目へ振替えるため、「相手科目」へ仮受消費税等を選択して、「適用」消費税額振替一律税率8%を入力して、「税区分」の内税を別記にします。

 

売上高科目
「相手科目」へ仮受消費税等を選択して、「適用」消費税額振替一律税率8%を入力して、「税区分」の内税を別記にします

 

ぞ暖饑燃曚鮗蠧阿之彁

 

「貸方金額」113,400をクリックすると、下に消費税額()書きで表示します。表示した消費税額を順に電卓で集計します。

 

売上高科目
「貸方の金額」113,400をクリックすると、下に消費税額()書きで表示します。表示した消費税額を順に電卓で集計

 

ソ厳廚靴疹暖饑燃曚鮗敲へ入力

 

集計した消費税額35,016を「借方」へ入力します。

 

売上高科目
集計した消費税額35,016を「貸方」へ入力

 

ζ眄任鯤無に変える

 

「税区分」の内税をクリックして別記に変更します。別記にすると「貸方金額」は税込になります。

 

売上高科目
「税区分」の内税をクリックして別記に変更します。別記にすると「貸方金額」は税込になります

 

記事はここまでです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加